ヘッドライトプロテクションフィルム

ヘッドライトの黄変、白濁を5年間防ぐ

ヘッドライト プロテクションフィルムを貼ることで、黄ばみや劣化からヘッドライトを守ります。
その差は一目瞭然で、公共の試験機関でも下記のような結果が出ています

サンシャインウェザーメーターによる実証実験

日常の環境を擬似的に作り出すサンシャインウェザーメーターという特殊な機械によって、5年に当たる時間、ヘッドライトにフィルムを貼った部分と貼らない部分で試験を行いました。
その結果、フィルムを貼り付けた部分は透明ですが、貼っていない部分は激しく黄ばんでいることがわかります。

紫外線カット率

 ヘッドライトの黄ばみを作る最大の原因は紫外線による影響です。ポリカーボネイトやそれを保護するために塗られているハードコートは、紫外線によってその組成が攻撃されて変質し、黄ばみや曇りが発生してしまいます。
ヘッドライト プロテクションフィルムは、フィルム自体が紫外線を90%以上カットすることで影響を防ぎます。
フィルムがどのくらい紫外線を遮るのかJIS規格に基づいた紫外線透過率測定を行うと驚くべき結果が

                                 

                                これはほとんど紫外線を通さないと言うことです

飛び石やキズによるダメージを防ぐ

———————————————————————————-

ヘッドライト プロテクションに採用するフィルムは高品質ポリウレタンを150ミクロンの厚みで成型した耐キズ性に優れたフィルムです。その耐性は、時速200kmでの走行を再現した専用装置でのテストにおいてもフィルムが飛び石のダメージを吸収し、パネル本体にはまったくキズがつかないことを実証しています。

走行速度約200km/hの環境を再現したグラベルメーターによる物理的耐性テスト

日常的に蓄積する汚れを防ぐ

———————————————————————————-

ヘッドライト プロテクションフィルムは、無黄変、高透明のTPUポリウレタンを基材として表面に特殊なフッ素加工を施した汚染防止コート層を有しています。また、ヘッドライトの素材であるポリカーボネイトや表面のハードコート塗装への適性を考慮したアクリル系粘着剤を採用し最適化しています。

ヘッドライト プロテクションフィルムの構造
 

汚染防止コート層
特殊製法でフッ素を含有したハードコート層を形成し圧倒的な防汚性と美しい撥水性を実現
ポリウレタン樹脂150μm
伸縮性と耐黄変性に特化した高透明ポリウレタン樹脂を150ミクロンの厚みで形成し物理的なダメージを防
アクリル系粘着層
ヘッドライトの基材である対ポリカーボネイト、ハードコート塗装への適性を考慮した粘着剤を採用

車検に対応する光量を維持

———————————————————————————-

ヘッドライト プロテクションフィルムは無色で高透明な無黄変ポリウレタンフィルムを使用しております。
弊社で行った車検の保安基準による光量試験において、問題無く車検に通る結果を得ています。

ホンダインサイト 新車から3ヶ月経過後に施工して経過を測定した結果

参考施工価格

———————————————————————————-

新車・未劣化中古車:¥15,000-~(ヘッドライトの形状、サイズにより異なります)

  施工価格例:フィット(GK5)¥20,000-

中古車(劣化が見られる場合)は別途劣化処理料金が掛かります。お問い合わせ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る