PCS Coating

service-image

塗り肌を守る「肌調整」で塗装本来の美しさを引き出す。
「PCSコーティング」では塗装表面を整える下地処理において、痛んだ肌部分のみを調整する事を「肌調整」と表現し、塗装を削ってしまう「研磨」とは分けた考え方をしています。塗装本来の美しさを維持するためには、オリジナルの塗装肌部分を極力残すことが重要です。塗装は限りあるもの、削って無くなったものは元に戻りません。一筋の傷も残さない「研磨」はその場限りの満足で終わってしまうものです。PCSは塗装の肌状態を第一に考え、塗り肌を守る下地処理をご提供しております。

coating-image1

塗装を第一に考えた技術
「研磨」すれば消えそうな小傷などでも攻撃的に削って決し去ることはせず、塗装肌を残しながら「肌調整」し、高分子ポリマーで傷を埋めて小傷等を見えなくする技術を用いて健康な塗装肌を守ることに心がけています。この「肌調整」を含む下地処理は独自に研究・開発されたPCSケミカルを用い、「PCSコーティング」の前工程として標準施工いたします。

高品質な仕上がり
保護性能や輝き等、コーティングに求められる要素は普遍でも、一人一人のカーライフが違うように、車がおかれている環境は千差万別です。「PCSコーティング」では施工の際、お客様からコーティングに対するご希望やお車の使用状況・保管環境等をお聞きし、ボディカラーなどから最適と思われるコーティングをご提案してお客様のニーズにお応えしています。また、HGは中波焼き付け乾燥を行いますので品質の高い仕上がりをご提供することができます。
「PCSコーティング」された方には、リーズナブルな「PCSメンテナンス」をご利用いただけます。

coating-image2

輝きを守り続ける「皮膜転換性」

どんなコーティングでも車に施してある以上必ず劣化しダメージも入ってしまいます。コーティングは耐久性もさることながら劣化やダメージなどを容易にリカバリーできることも必要なのです。そこでPCSでは塗装と良く結合しながらも再生転換しやすいコート剤を開発し、オリジナル塗装の替わりにダメージを受け止め、皮膜再生しやすいコーティングをご提案しております。また、高性能な反面、完全に皮膜が高硬化しリカバリー困難なガラス系コート剤でも、PCS独自の施工法で仕上げることで再生可能なガラス系コーティングもご提案しております。PCSのコーティングは塗装を熟知した確かな技術にあります。

コーティング専門店 ハラサクセスはPCSプロショップです。

PCS Maintenance

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る